腸内環境の悪化によるニキビをサプリで改善!

腸内環境とニキビの関係について

ニキビが治らないことは女性にとっては大きな問題です。
いつまでも肌が汚いままでは、自分の顔に自信がなくなってしまいますよね。

 

このニキビの原因は腸内環境に結びついている場合が多いのですが、腸内環境とニキビの関係について確認しましょう。

 

腸内環境が悪いせいで便秘などが続いたら、体の中に便が溜まり、そこから毒素が発生します。そして、溜まった毒素は抜ける場所を求めて、血液に流れ込み体の様々な場所へと流れていきます。

 

毒素が入った血液はこうして体中に運ばれて、人の健康を害してしまい、さらには肌のターンオーバーも阻害して、毛穴詰まりが発生します。

 

このようにしてニキビができやすい肌になってしまうのですね。

 

 

また免疫細胞の約7割は腸にあります。

 

このせいで腸内環境が悪いと免疫細胞が減り、免疫機能が低下し、ニキビに弱い肌になったり、できたニキビが治りにくくなるという厄介な現象が起こってしまいます。

 

腸内環境のせいで落ちた免疫のせいで、炎症から肌を守ることができず、ニキビを増やしてしまいますし、腸内環境が悪いまま、その状態を放っておくと、ニキビが悪化したり、吹き出物に悩むことになってしまうのですよ。

 

このように、腸内環境とニキビは密接に関係しているのです。

 

もしかしたらあなたのニキビの原因も腸内環境が悪いせいかもしれませんよ。

腸内環境とニキビの改善方法について

ニキビを改善するためには腸内環境を良くしましょう。
これが最もいいニキビ改善方法になる可能性大です。

 

まず腸内環境を整えるために体の中に善玉菌を増やしましょう。

 

善玉菌は腸内環境を良くしてくれるものであり、これが体に豊富にあると腸内環境は確実に良くなって行きます。逆に悪玉菌が増えてしまって善玉菌より優位になると便秘になって、体に毒素を溜め込むことになりますよ。

 

便秘の一番の原因が悪玉菌が増えて、それにより善玉菌が減ることです。つまりニキビの原因になる便秘を対策するには悪玉菌を減らし、善玉菌が優位にすることが大事なのですね。

 

 

食事から改善したいのであれば、納豆や漬物やみそ、それからヨーグルトなどの乳酸菌入りの食べ物を積極的に食べましょう。

 

乳酸菌は善玉菌の一種で便秘改善にとてもいい効果を持っています。是非これらの食品を多く食べて、腸内環境を良くしてください。

 

これらの対策を続けていくことがやがて、ニキビ改善に繋がります。また善玉菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖の入った食品を一緒に食べるとより善玉菌が増えて便秘解消にいいですよ。

 

腸内環境が悪いとウサギみたいなコロコロ便や悪臭のする便、それから下痢便などが出ます。こういった便が出ている人は腸内環境を良くする努力をしてくださいね。これがやがてニキビ改善に繋がるのです。

 

『腸内環境を整える』

 

これこそニキビ改善の第一歩と言えるかもしれませんね。乳酸菌の力で腸内環境を整えるのがいいでしょう。