ラクトプランは子供にもおすすめできる?

子供も使用してもいいの?

ラクトプランは季節の変わり目の体調不良に悩む会社員や主婦の方が主にターゲットとされています。

 

けれども、季節の変わり目に体調を崩しやすいのは大人だけではありません。子供も勉強に部活、人間関係や習い事など忙しい毎日を送っていますよね。

 

「何だか最近子供が疲れているように感じる…」そんな風に感じたらラクトプランを子供に使ってもいいものかと悩むことがあるかもしれません。

 

そこで、公式サイトで子供にも使用できるのかを確認してみたのですが、『乳幼児および小児は摂取をお控えください』と書かれていました。

 

ですので、子供には使用してはいけません。

 

ただ、ここで気になるのは小児とは何歳までのことなのかということです。

 

「小学生か中学生くらい?高校生なら大丈夫だよね?」となんとなくで考えているかもしれませんね。

 

この小児という年齢ですが、一般的には15歳までとされています。15歳以上になると薬を飲む量が成人と同じになるので、15歳を一つの目安にしてみてください。

明確なルールはない

小児は一般的に15歳までとされていますが、法律で定められているわけではありません。
総合病院ではその病院が定めるルールがあったりするので地域によって違っている場合もあるようです。

 

明確なルールがないのは小児と成人では免疫力に差があるからです。

 

小児は成人と比べて免疫力が低いので感染症などにかかりやすくなってしまうのですが、成長する上で免疫力は高くなっていきます。

 

ですので、小児特有の病気にはかかりにくくなるのですが、反対に成人特有の病気になりやすくなってしまうのですね。

 

小児と成人の病気は別物と考えられているので、子供から大人になっていく時期のサプリメントの使い方は難しい部分もあります。

 

体は大きくて大人に間違われても、内蔵はまだ子供のままということは十分ありますし、実際に骨や筋肉よりも内蔵系の発達は遅いです。

 

これはお酒やタバコが20歳になってからという法律からも予想できることですよね。

 

もし子供にラクトプランを使用する場合は病院などで使用してもいいか確認することをおすすめします。

 

できることなら子供の場合はサプリメントに頼らないで生活できるようになるのが理想的だと思いますので、他の選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。

 

ただ使用することは悪いとは思いませんので、親、保護者として最低限お医者さんに相談してみるなど責任を持つようにしましょう。