腸内環境は朝ごはんがカギを握る!

腸内環境と朝ごはんの関係について

朝起きたらすぐに食べるものである朝食は、腸内環境に大きな影響を与えます。

 

なので、朝食を制するものは腸内環境を制すると言っても過言ではありません。
では、どんな朝食を食べれば、腸内環境によい影響を与えることができるのでしょうか。

 

腸内環境によい影響を与えるのは、食物繊維と各種ビタミン、そしてミネラルです。特に食物繊維とビタミンが重要ですよ。

 

なので、この栄養素が豊富にある朝食を取ることで、腸内環境を改善することができます。

 

これらのことを考えると、朝食として食べるべき物は、海草が豊富に入っている味噌汁とご飯です。
それにビタミンが豊富な野菜や果物、特にバナナをつけるとなおいいですね。

 

そうすれば、腸内環境を良くすることができるでしょう。

 

逆に、朝からこってりしたものや油もの、動物性たんぱくが豊富に含まれているものを食べると、腸内環境を悪化させるので、これらのものを朝から食べるのはなるべく控えましょう。

やっぱり朝がベスト!

腸内環境のルールは24時間共通なので、腸内環境にいい食べ物は朝とらなくても腸によい影響を与えます。

 

なので、朝食ではなく夕食に食物繊維やビタミンが豊富な食べ物を食べてもいいのですが、これらの食べ物を使って、効率よく腸の環境をよくしたいなら、朝食として食べるのが一番ですよ。

 

なぜなら、人間の腸は朝にもっとも活動するからです。

 

ですので、朝何も食べない、あるいはあまり腸が活性化しない食べ物を食べると、腸の働きは低調なままですが、朝、海草がたっぷり入った味噌汁やこんにゃく、バナナなど腸の活動を盛んにするものを食べると腸が活性化するので、腸内環境がよくなり、結果として便秘が解消し体調もよくなります。

 

だから、腸内環境を考えるなら、朝食は他の食事よりも重要なのですね。

 

腸内環境改善以外にも、朝食をとることには、頭の働きをよくする、定期的にエネルギーを取ることで太りにくい体質を作るなどの利点がありますので、どれだけ忙しくても、朝食は必ずとっておきましょう。

 

朝バナナ1本、おにぎり1個を食べる、食べないで体調に大きな変化を与えることを覚えておくといいでしょう。

 

朝食は腸内環境に大きな影響を与える食事なので、これを軽視していては、腸内環境をよくすることができません。

 

腸の活動がもっとも活発な朝に腸内環境を改善する食事をとることで、便秘を防ぐことができますので、朝忙しくても、海草入りの味噌汁とバナナ、新鮮な野菜など、ビタミンや食物繊維が豊富な食事をとっておきましょう。